景気・経済動向記事

設備投資意欲の動向

上場企業を含む大企業の設備投資意欲高まる!
〜 新型コロナによる新需要や人手不足でIT投資進む 〜

はじめに

設備投資は、生産性の向上や市場の拡大への対応を図るうえで欠かせないものです。なかでも昨今のデジタル化や脱炭素化の流れを受け、デジタル投資や環境配慮型設備投資などがとりわけ求められています。2022年度与党税制改正大綱では、5Gの設備投資に対する税額控除制度の期限延長が決まったほか、環境省は脱炭素に向けた投資促進のための出資制度の創設を検討しているなど、政府は引き続き設備投資に関する政策を積極的に推進しています。

そこで帝国データバンクは、「TDB景気動向調査」をもとに、企業の設備投資意欲の動向について分析を行いました。

調査結果

  1. 1 設備投資意欲は新型コロナの感染が拡大する前の水準を上回るも依然として後退している
    日本企業の設備投資に対する意欲は、長年力強さを欠いているなか、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の感染拡大を背景に一時急低下していました。帝国データバンク「TDB景気動向調査」 で算出している設備投資意欲DI (50を上回ると設備投資意欲が前月よりも高まり、下回ると後退していることを表す)は、1回目の緊急事態宣言が発出された2020年4月に32.1に急落し、リーマン・ショック後の2009年4月(33.3)以来の低水準となりました。その後は緩やかに回復し、2021年12月には48.5まで上昇しており、新型コロナ前の2019年4月(48.6)以来2年8カ月ぶりの水準に回復しています。しかし、DIは判断の分かれ目となる50を下回っており、依然として設備投資意欲が後退としている企業が多い状況です
  2. 2 大企業における設備投資意欲は高まっている一方、中小企業は依然回復途中
    設備投資意欲DIを規模別にみると、「大企業」は2021年11月時点で2019年6月以来2年6カ月ぶりに50を上回りました。2021年12月にはDIが50.9、そのうち上場企業は52.6と設備投資意欲が高まっています。一方で、「中小企業」のDIは47.9で、2019年4月以来の水準まで上昇したものの、「大企業」より3.0ポイント低く、依然判断の分かれ目である50を下回りました
  3. 3 新たな需要の創出のほか、人手不足や高齢化問題が設備投資意欲を高める
    新型コロナの感染拡大で生まれた新たな需要の高まりを受け、設備投資に前向きな業種がみられます。なかでも、医療用機械器具需要の好調が続いている「精密機械、医療機械・器具製造」やオンライン授業の需要増加がみられる学習塾などを含む「教育サービス」においては、ニーズに対応するために設備投資意欲が高まっています。
    また、感染拡大により多大な影響を受けている「飲食店」でも人手不足を背景に効率化・自動化設備に投資を検討している企業がみられるほか、非接触型サービスのニーズに対応すべく、セルフレジやスマホ注文システム、運搬ロボットなどを導入する動きも出てきています
  4. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部  
TEL:03-5919-9344  E-mail: keiki@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向