景気・経済動向記事

GoToトラベルに関する企業の動向アンケート

GoToトラベル、企業の約6割が早期の再開を希望!

はじめに

新型コロナウイルスの新規感染者数が減少するなか、2021年11月より大規模イベントの1万人制限が緩和されるなど、明るい話題が増えてきました。政府では2020年12月以来停止しているGoToトラベルなどの検討も進み、千葉県の「ディスカバー千葉」の再開をはじめとする自治体独自の施策も続々と行われています。
そこで、帝国データバンクは、GoToトラベルに関する企業の見解についてアンケートを行いました。

■アンケート期間は2021年11月5日〜8日、有効回答企業数は1,462社

調査結果

  1. 1 自社ではGoToトラベルの再開時期について、いつ頃が望ましいか尋ねたところ、「2021年度内(2022年3月まで)」と回答した企業は57.6%と6割近くにのぼりました。とりわけ、「2021年中」と回答した企業は32.2%で約3社に1社は、早急にGoToトラベルの再開を望んでいる様子がうかがえました。一方で、企業の12.4%は「再開しない方が良い」と考えており、一部で慎重な姿勢もみられています。
  2. 2 GoToトラベル関連業種(「飲食店」「旅館・ホテル」「娯楽サービス」の合計とする)でみると、「2021年度内(2022年3月まで)」と回答した企業は76.0%と突出して高く、「すぐにでも(2021年11月)」再開してほしいとする企業は40.0%でした。

    本アンケートの結果、約6割の企業で2021年度内にGoToトラベルの再開を望んでいることが明らかになりました。特に、「飲食店」や「旅館・ホテル」などを含む直接GoToトラベル事業に関連してくる業種においては、すぐにでも再開を求めている様子が強く表れています。
    GoToトラベルの再開により、観光需要が盛り上がることで、直接的な業種の好影響に加え、多くの関連する業種にも波及していくと予想されます。それだけでなく、消費マインドの高揚も期待でき、日本経済の活性化につながると言えそうです。
  3. 詳細はPDFをご確認ください


お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9344 E-mail: keiki@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向