景気・経済動向記事

企業がテレワークで感じたメリット・デメリットに関するアンケート

テレワークの実態!導入企業の経営者・管理職の52%が不満
〜 テレワークを実施していない企業は約6割、企業規模・地域間に格差 〜

はじめに

新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)など感染症対策のほか、BCP(事業継続)対策のために在宅勤務やリモートワークなどテレワークが推奨されています。政府はこれまでテレワークの導入に係る経費について助成金や補助金制度を設けたほか、税制面での支援、特別貸付など特に中小企業に対しさまざまな支援策を実施してきました。また、各都道府県においても補助金制度のほか、無料テレワーク導入コンサルティングが実施されるなど、行政はテレワークに関する政策を積極的に推進しています。しかし、テレワークにおける課題点も聞かれます。そこで、帝国データバンクは、企業がテレワークで感じたメリット・デメリットについてアンケートを行いました。


■アンケート期間は2022年2月4日〜8日、有効回答企業数は1,837社(インターネット調査)

調査結果

  1. 131.5%の企業がテレワークを実施し、その52.1%がデメリットの方が多いと感じる
  2. 2大企業におけるテレワーク実施率は半数近く、全体を大幅に上回る
  3. 3 『製造』のテレワーク実施率は『非製造』を7.5ポイント下回る
  4. 4 地域別では、1都3県でのテレワーク実施率が47.2%で突出して高い
  5. 5 社内コミュニケーションに関連することが一番のデメリットに
  6. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部  
TEL:03-5919-9344  E-mail: keiki@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向