ビジネス講座

ビッグデータ分析の事例1 ダイハツ九州はどの地域から調達しているのか?

サプライチェーンを地図化して考える

北部九州は、日産、トヨタの工場進出により自動車産業の立地が進みつつあり、2004年にはダイハツが大分県中津市において工場の操業を開始し、地元ではさらなる集積による経済効果への期待が高まっていました。
中津市に立地するダイハツ九州の取引先データから、ダイハツ九州が実際にどの地域の企業から様々な資材・部品やサービスを調達しているか、また、サプライヤーによるサプライチェーンの傾向の違い、ダイハツ九州の雇用に与える効果を、地図によりビジュアルで示すことで、その経済効果を地理的な視点から考察してみました。
さらに、ダイハツ九州や、それに随伴して進出したサプライヤーは、九州の地場企業にどのような種類の製品や加工を発注しているのかという観点から考察するとともに、調達連関を通じた関連部品産業の立地と地場企業との取引拡大、さらには地域内雇用の創出というような地域が期待する効果をGISにより表現することを試みました。



調査結果(どの地域から調達しているのか)

  1. 1 一次取引先のほとんどは九州地域プラス3大都市圏(大阪・名古屋・東京)に集中して立地している。二次取引先になると、3大都市圏に限定されず日本全国に立地が広がっている。
  2. 2 九州内部では、九州北西部の特定都市を中心とした地帯に企業立地が偏っており、福岡県の北九州市から福岡市、佐賀県佐賀市、熊本県熊本市にかけて企業立地のベルト地帯が形成されている。
  3. 3 一次取引先が上述の都市近辺に立地し、これらの都市を中心に二次取引先の分布が形成されている。三次取引先までのリンケージを考慮すると九州全体で非常に複雑な取引関係の網が形成されている。
  4. 4 企業の立地は、上述の北西部地帯以外では高速道路の存在など、インフラストラクチャの整備が行われている地域に限られているのが特徴である。

ダイハツ九州の取引関係
詳細はPDFをご確認ください

調査結果(サプライヤーによる傾向の違い)

  1. 1 一次取引先を業種・規模別にみると、製造業については北九州から佐賀、熊本にかけての高速道路沿いに立地が見られる。製造業13社のうち10社が地場企業であるが、そのうち6社は直接自動車に組み付ける部品ではないものを生産している。
  2. 2 一次取引先のなかでも規模の大きいサプライヤーを2社取り上げて分析すると、九州の製造業事業所との取引数に大きな違いがあることが分かった。こうした違いが生じる要因として、生産する部品の種類、設立からの年数の違いなどがあげられる。
  3. 3 ダイハツ九州が立地する大分県中津市の10km圏内に近接立地する事業所はほとんどが生産のサプライチェーンとは関係の薄い非製造業事業所であり、取引リンケージという点では大分県はあまり恩恵を受けていないことが分かった。
  4. 4 雇用への間接的な影響を示すものであることに注意が必要であるが、ダイハツ九州との取引が最も強く影響するであろうと考えられる一次取引先に関しては、大分県よりも他県の方が雇用への影響が大きいことが分かった。
  5.    以上より、企業誘致に関して次のような示唆を得ることができた。(1)企業誘致に通常期待される効果―税収・雇用・企業リンケージの構築―については区別して考える必要がある。(2)地元の中小企業が一足飛びに大企業の一次サプライヤーになるのは容易ではなく、中小企業・ハブ企業・大企業の連鎖を考慮して企業誘致に取り組む必要がある。

ダイハツ九州の1次取引先
詳細はPDFをご確認ください

調査結果(地場企業との関係)

  1. 1 製造業企業を本社が九州以外にある企業およびそれらの九州子会社である企業と、九州に本社を持つ地場企業に分類したところ、電気機械・自動車部品で九州外企業が多いのに対し、九州地場の企業は容器や工具などの自動車に組み付ける部品以外のものや、メッキ・板金といった金属加工が多い。
  2. 2 アイシン九州と小糸九州に焦点を当て、両社の1次サプライヤーを検討したところ、九州の地場企業が請け負っているのは、製品というより加工に関連するものが多く、また特定の分野の製品に特化したものというより、様々な製品に適用でき、様々な産業を支える「基盤技術」に関する企業が多いといえる。
  3. 3 地元での取引関係を有している地場企業が、自動車メーカーおよびそれに随伴して進出してきた部品サプライヤーと取引を開始・拡大することは、地場企業に新たな技能の形成を促す可能性をもっている。
  4. 4 大企業と地場中小企業をつなげるハブ企業が存在し、それらのハブ企業が地場の中小企業から積極的に部品調達を行うのであれば、雇用への影響や、上述した地域のものづくり能力の向上を含めて、企業誘致の効果が高まると考えられる。

地場サプライヤーの取引先
詳細はPDFをご確認ください

次の回を見る

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部
TEL:03-5775-1092 FAX:03-5775-3168

目次

帝国データバンクの膨大データベースと調査・分析ノウハウを活用してみませんか

ビジネス講座