景気・経済動向記事

中国地方 2023年度の設備投資に関する企業の意識調査

設備投資「ある」、3年連続で6割を超える
〜 内容、「設備の代替」が61%に拡大、「DX」は2割を占める 「ない」理由、「先行きが見通せない」が4割超 〜

はじめに

5月8日より新型コロナウイルスの感染症法上の分類が5類に移行し、いよいよポストコロナに向けて経済活動が本格化してきた。コロナ禍での行動制限の影響が大きかった観光や飲食の業界では、インバウンドのみならず国内の旅行需要が急回復し、宿泊、旅客輸送、土産小売、飲食の分野で供給拡大に向けた動きがみられる。また、半導体をはじめ各種資材の不足が解消され、生産・営業活動が持ち直す動きもあるなど、設備増強に向けて動き始める企業が増えつつある。

一方で、需要の持ち直しによる仕入れコストの増加や賃上げによる人件費高騰、コロナ融資の支払い猶予の終了など、国内景気の下振れ材料も多いなか、中国地方の企業は2023年度の設備投資に関してどのように考え、対応するのだろうか。

帝国データバンク広島支店では、2023年度の設備投資に関する企業の意識について調査した。調査期間は2023年4月17日〜4月30日、調査対象は中国地方に本社を置く企業2178社で、有効回答企業数は757社(回答率34.8%)。

調査結果

  1. 1設備投資、『ある』が60.0%、3年連続で6割を超える
  2. 2設備投資の内容、「設備の代替」が大幅増の61.0%、「DX」は20.9%に
  3. 3設備投資を予定していない理由、「先行きが見通せない」がトップの45.3%

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 広島支店 情報部
TEL:082-247-5930  FAX:082-249-1242

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向