景気・経済動向記事

喫煙に関する近畿企業の意識調査

企業の23.6%が「全面禁煙」実施、「完全分煙」も5割超
〜 全面禁煙実施、「飲食店」の66.7%が自社業績にマイナスの影響 〜

はじめに

2005年2月に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効して以降、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。また、厚生労働省は喫煙に関して一層の規制強化を立案している一方、緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見も出ている。

そこで、帝国データバンク大阪支社は、企業における喫煙などに関する見解について調査を実施した。なお、本調査は、TDB景気動向調査2017年9月調査とともに行った。

■調査期間は2017年9月15日〜30日、調査対象は近畿2府4県の3,759社で、有効回答企業数は1,747社(回答率46.5%)。

■本調査における詳細データは景気動向調査専用HP(https://www.tdb-di.com/)に掲載している。

調査結果

  1. 1 自社の本社事業所もしくは主要事業所内の喫煙状況について、適切な換気がされている喫煙場所がある、または屋外に喫煙場所を設けている「完全分煙」が56.4%で最も高い割合となった。社内での喫煙を不可とする「全面禁煙」は23.6%と企業の5社に1社が実施。以下、「不完全分煙」(10.1%)、「特に喫煙制限は設けていない」(6.5%)、「時間制分煙」(2.7%)が続いた
  2. 2 本社事業所もしくは主要事業所において、何らかの喫煙制限を設けたことによる影響について、「職場内がきれいになった」と考える企業が62.5%で突出して高い。次いで、「安全面が向上した(火事のリスク低減など)」(34.3%)、「喫煙者と非喫煙者の公平性が向上した(業務中のたばこ休憩など)」(22.4%)、「業務の改善・効率化につながった」(12.0%)が上位にあがった
  3. 3 今後、法令等により職場や店舗などを含む公共施設の全面禁煙が実施された場合について、自社の業績に「影響はない」とする企業が71.6%で最も高かった。「プラスの影響がある」(7.6%)や「マイナスの影響がある」(6.6%)はいずれも1割弱にとどまった
  4. 4 全面禁煙実施が自社業績に与える影響について業種別にみると、「プラスの影響がある」のは、「医薬品・日用雑貨品小売」「金融」「自動車・同部品小売」などが高い。「マイナスの影響がある」では、「飲食店」が66.7%と7割近くに上ったほか、「娯楽サービス」など、個人向けの『サービス』や『小売』が上位となった

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 大阪支社
TEL:06-6441-3100 FAX:06-6445-9532

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向