景気・経済動向記事

全国「女性社長」分析調査(2020年)

女性社長比率 全国で8.0%、20年ぶりに前年から変動せず
〜 日本大学、3年ぶりに出身大学別でトップ 〜

はじめに

近年、2015年に施行された「女性活躍推進法」や、政府が提唱する「1億総活躍社会」の実現に向け、「女性の活躍推進」が重要政策の柱として掲げられるなど、女性の社会進出が急速に求められてきた。こうしたなか、中小企業における後継者難対策として、また新型コロナウイルス後のビジネスを見据え、新たな目線や発想で新規事業や改革を実践する女性社長がクローズアップされるなど、女性の活躍に引き続き注目が集まっている。

■帝国データバンクは、自社データベースをもとに、個人事業主・非営利・公益法人などを除く全国約116万社の事業会社を対象に、女性が社長を務める企業について分析を行った。同様の調査は2019年6月に続き7回目

■本調査より「合同会社」「合名会社」「合資会社」を新たに集計対象とした


調査結果

  1. 1 2020年(4月末)における女性社長の割合は8.0%。30年前の1990年から3.5ポイント上昇した。しかし、前年(2019年)比では20年ぶりに横ばいとなったほか、依然として女性社長の占める割合は1割を下回る状況が続いた。直近1年間で女性社長が新たに就任した企業は、大手化粧品販売のポーラ、東証2部上場の食品加工会社 はごろもフーズなどがある
  2. 2 女性社長の年代分布をみると、最も割合が高いのは「70-74歳」だった。就任経緯では、全体が引き続き「同族承継」による就任が最も高かったが、2019年(50.8%)と比較すると割合が減少。新任は、「創業者」の割合が最も高かったものの、「内部昇格」など社内登用による女性社長就任の割合は、男性社長に比べて下回る
  3. 3 年商規模別では「5000万円未満」が11.4%で最高。中小零細企業では女性社長の割合が高まっているのに対し、大規模企業ではほとんど変化がみられない
  4. 4 業種別では、「不動産業」(16.8%)が最高となり、30年前(1990年)から7.2ポイント上昇し、上昇幅も全10業種中最大。他方、「建設」(4.8%)の女性社長比率は1997年以降24年連続で全10業種中最低だった。業種細分類別では「保育所」(42.9%)が全業種で最高
  5. 5 都道府県別では、「沖縄県」(11.3%)が最高。最も低かったのは「岐阜県」(5.3%)
  6. 6 女性社長の出身大学をみると、最多は「日本大学」(236人)で、3年ぶりに首位
  7. 詳細はPDFをご確認ください


お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 情報統括課
TEL:03-5775-3073 FAX: 03-5775-3169

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向