倒産集計

2021年 11月報

年間倒産件数は55年ぶり「歴史的低水準」の可能性
経済低迷下でもコロナ融資の効果で倒産件数激減
今後は企業の有利子負債増加が課題に

倒産件数は468件、11月としては最少
負債総額は814億9700万円、11月として48年ぶりの低水準

倒産件数 468件
前年同月比 ▲16.9%
前年同月 563件
負債総額 814億9700万円
前年同月比 ▲14.4%
前年同月 952億1200万円

概況

倒産件数は468件、11月として1964年の集計開始以降最少を更新

倒産件数は468件(前年同月563件、16.9%減)と、11月としては2000年以降最少。1999年以前と比較しても、1964年の471件を下回り、過去最少を更新した。また、前年同月比でも6カ月連続の2ケタ減となり、倒産件数が大幅に抑制された状態が続く。
負債総額は814億9700万円(前年同月952億1200万円、14.4%減)と、4カ月ぶりに前年同月比減少に転じたほか、11月として1973年以来48年ぶりの低水準となった。

主要ポイント

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報