景気・経済動向記事

新型肺炎が日本経済に及ぼす影響(1)

中国人訪日客の抑制でインバウンド消費は1,422億円減少
〜 中国進出企業の景況感は急速に悪化 〜

はじめに

中国発の新型コロナウイルスによる肺炎「COVID-19」(以下、新型肺炎)への脅威が、世界的な広がりをみせている。こうしたなか政府は国内の感染拡大防止の「重要な局面」にあるとして、対策基本方針の策定を決定した。また2月22日にはIMF(国際通貨基金)が2020年の中国の経済成長率予測を1月時点から0.4ポイント引き下げ、世界経済見通しも下方修正するなど、新型肺炎が日本経済に与える影響が懸念される。

調査結果

  1. 1  新型コロナウイルスによる肺炎(新型肺炎)が世界的な広がりをみせているなか、中国に進出している日本企業の景況感が急速に悪化している。帝国データバンクの景気DIは40.4と、直近のピーク(2018年1月、54.1)から13.7ポイント低下した。
  2. 2  中国からの訪日客減少で、インバウンド消費は直接的に約1,422億円減少する見込み。関連産業への波及を含めると、約2,846億円に相当する売り上げが減少すると推計される。
  3. 詳細はPDFをご確認ください

    本レポートはTDB景気動向オンラインにも掲載しています。あわせてぜひご覧ください。本文はこちら

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課
TEL: 03-5775-3163  E-mail: keiki@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向