景気・経済動向記事

島根県 新型コロナ関連融資に関する企業の意識調査

借入金、「今後の返済に不安」が1割以上に
〜 2023年末までに9割近くの企業が返済を開始 〜

はじめに

2019年12月に中国で初めて感染が確認された新型コロナウイルス感染症。瞬く間に全世界に感染が急拡大し、経済活動にも甚大な悪影響を及ぼした。日本では度重なる緊急事態宣言、まん延防止等重点措置がとられ、生産・消費活動が大きく制限され、景気悪化が鮮明となった。

政府は、業績悪化が顕著な飲食、観光などの分野を中心に、政府系および民間金融機関による実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)をはじめ、雇用調整助成金や各種協力金の支給などによる手厚い資金繰り支援を積極的に進めた結果、企業倒産の抑制につながる一定の効果があった。一方で、業績の回復が遅れ、経営規模よりも多額の借入金を抱えた、いわゆる「債務過剰」に陥っている企業が増える副作用もみられた。

今後、膨らんだ借入金の返済が本格化すると予想される中、帝国データバンク松江支店で新型コロナ関連融資に関する現状や返済見通しなどについて調査を実施した。調査期間は2023年2月14日〜28日、調査対象は島根県に本店を置く企業261社で、有効回答企業数は75社(回答率28.7%)。

調査結果

  1. 1 新型コロナ関連融資を「現在借りている」は50.7%
  2. 2 融資の返済、2023年12月末までに9割近くの企業が返済を開始予定
  3. 3 「今後の返済に不安」、前回調査から低下したものの10%以上に
  4. 4 活用した支援策、「新型コロナ関連融資と他の融資の一本化」が21.1%でトップ

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 松江支店
TEL:0852-21-2775  FAX:0852-21-2125

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向