景気・経済動向記事

特別企画 :中国地方 マイナンバー制度に関する企業の意識調査

4月時点、「何も対応していない」が6割超える
〜 企業版マイナンバー、「法人番号制度」への理解もこれから 〜

はじめに

2016年1月に運用の始まるマイナンバー制度。5月21日には、衆院本会議で全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)の適用範囲を預金口座や予防接種の記録などに広げるマイナンバー法改正案が賛成多数で可決され、6月中に成立する見通しとなるなど、政府では本格運用に向けての準備を進めている。

この制度が本格導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から国民一人ひとりへ固有の12桁の番号「マイナンバー」の通知が開始される。企業にとっては、2016年1月からの開始に向けて、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度へ対応することが求められているほか、従業員とその家族のマイナンバーの情報を企業自らの努力により収集管理する必要が生じるなど、さまざまな準備が必要となってくる。

こうした状況を踏まえて、帝国データバンク広島支店では、4月時点での企業のマイナンバー制度に対する認知度や対応状況、見解について調査した。調査期間は2015年4月16日〜4月30日、調査対象は中国地方に本社を置く企業1221社で、有効回答企業数は625社(回答率51.2%)。

調査結果

  1. 1 マイナンバー制度、9割超が認識するも、内容理解は4割にとどまる
  2. 2 制度への対応、「予定はあるが何もしていない」が6割超、中小企業ほど高く
  3. 3 制度への対応内容、「給与システムの更新」がトップに
  4. 4 制度導入に伴うコスト負担、「10万円以上50万円未満」が最多、平均コストは84万円
  5. 5 法人版マイナンバー「法人番号制度」、「内容も含めて知っている」は2割にとどまる

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 広島支店
TEL:082-247-5930 FAX:082-249-1242

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向