景気・経済動向記事

日本企業の「ロシア進出」状況調査(3月)

ロシアに進出の国内主要168社 約2割でロシア事業停止へ
〜 日本企業の「ロシア離れ」、今後も広がる見込み 〜

はじめに

ロシアがウクライナ侵攻を開始して以降、ロシア国内に拠点を置く日本企業では、現地工場の操業停止や同国への製品輸出を見合わせるなどの動きが加速している。国際的な対ロ批判の高まりのほか、日米欧の金融制裁でロシア国内のビジネス環境が急速に悪化していることなどが背景にある。ただ、米アップルや北欧家具大手のIKEAなど、ロシアによる軍事侵攻など人道的な理由から早い段階で営業停止に踏み切った欧米企業に比べ、日本企業も追随はしたものの事業の一時停止や出荷停止などにとどまるなど、対応には「温度差もみられる」といった指摘もある。

今後は、ロシアが撤退する外国企業の資産国有化を打ち出すなどビジネスリスクの高まりに加え、投資家や消費者がロシアビジネスに厳しい目を向けるなど、企業ブランド・イメージの観点からも事業の停止・撤退の見極めが難しくなる。ただ、現状の劇的な改善が見込めない限り、新規の対ロ投資なども含め、ロシアビジネスを一時的に停止する企業は今後さらに増える可能性がある。

■対象は、帝国データバンクが保有する企業データベースに加え、各社の開示情報を基に、工場や事業所、駐在員事務所などの設備・施設、直接出資などでロシア国内に関連会社を有するなどの形で、2022年2月時点に進出が判明した上場企業168社

調査結果

  1. ロシア進出主要168社の約2割がロシア事業を停止へ 完全撤退は確認できず
  2. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向