景気・経済動向記事

新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査(2020年3月3日時点)

上場企業50社、売上下方修正総額4064億円
〜 製造業に大きなダメージ 〜

はじめに

新型コロナウイルスが列島各地へ猛威を振るっている。上場企業は連日、新型コロナウイルスの影響や対策など発表しているが、企業業績においても影響が出はじめている。帝国データバンクが3月4日に発表したTDB景気動向調査(全国)によると、新型コロナウイルスの影響が国内景気を大幅に下押しし、景気DIは38.7と7年ぶりに40を下回り、全業種45都道府県で前月比悪化となった。

帝国データバンクでは新型コロナウイルスの感染が広がり始めた2月から3月3日までの適時開示情報を発表した上場企業のうち、新型コロナウイルスの影響が含まれ、業績を下方修正した企業について集計し、分析した。

調査結果

  1. 1 3月3日時点で、「新型コロナウイルス」の影響を受けたとして業績の下方修正(連結、非連結)を発表した上場企業は50社となった。内訳をみると、東証1部が29社(重複有)、東証2部が12社(重複有)、東証マザーズが5社、ジャスダックが3社、東京PROが1社
  2. 2 同50社が下方修正をおこなったことで減少した売上高の合計は4064億4300万円となった。特に修正額が大きかったのは、旅行代理店大手エイチ・アイ・エス(東証1部、連結)の1250億円
  3. 3 減少率でみると、2ケタの減少率となったのは7社(20%台2社、10%台5社)だった。最も修正の減少の幅が大きかったのは、静電吸着・搬送装置システムの開発・製造を行っている筑波精工(東京PRO、非連結)の27.9%減
  4. 4 業種別にみると、「製造業」が26社(構成比52.0%)でトップ。次いで卸売業(11社、同22.0%)と続く
  5. 詳細はPDFをご確認ください

    ※2020年3月6日に掲載した内容を一部変更し、再掲載しました。



お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL: 03-5919-9342 FAX: 03-5919-9348

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向