景気・経済動向記事

大阪万博に関する企業の意識調査

『近畿』企業の55.8%が自社に「プラスの影響」
〜 プラス理由は「建設需要の増加」、マイナス理由は「人手不足の深刻化」がトップ 〜

はじめに

2018年11月23日(日本時間24日未明)、パリで開催された博覧会国際事務局(BIE)総会において、「2025年国際博覧会(以下、「大阪万博」)、テーマ:いのち輝く未来社会のデザイン」の開催が決定した。日本で開催される登録博(旧一般博)としては、1970年に開催された「日本万国博覧会(通称:大阪万博)」、2005年に開催された「2005年日本国際博覧会(通称:愛・地球博)」に次いで3回目の開催となる。

大阪万博の開催は、東京五輪に続く大規模な国際的イベントとして、日本経済および関西経済の活性化や技術革新、日本が誇る歴史・文化のさらなる海外発信などが期待されている。

そこで、帝国データバンクは、大阪万博開催に対する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2018年12月調査とともに行った。

■調査期間は2018年12月14日〜2019年1月7日、調査対象は全国2万3,059社で、有効回答企業数は9,619社(回答率41.7%))

■本調査における詳細データは景気動向調査専用HP(http://www.tdb-di.com)に掲載している


調査結果

  1. 1 大阪万博の開催が与える企業活動への影響について、「プラスの影響がある」が31.0%、「マイナスの影響がある」が5.7%、「影響はない」が38.9%、「分からない」が24.3%となった。約3割の企業が大阪万博開催に関してプラスの影響があるととらえている
  2. 2 地域別にみると、大阪万博の開催について「プラスの影響がある」と回答した企業の割合は、『近畿』で55.8%と最も高い。『北海道』『東北』『北関東』においては、同結果が1割台となっており地理的な距離によりプラス効果の認識に違いが生じている
  3. 3 具体的な理由について、プラス面では「建設需要の増加」が22.5%と最も高く、次いで「個人消費の拡大」(15.6%)。他方、マイナス面は「人手不足の深刻化」が26.2%でトップ、次いで「建設費の高騰」(16.4%)が続いた
  4. 4 業界別では、『金融』『建設』『製造』『運輸・倉庫』『サービス』の5業界において、「プラスの影響がある」が30%を超える結果となった
  5. 5 従業員規模別では、従業員数の規模が大きくなるほど、「プラスの影響がある」と回答する企業の割合は高くなっている。特に「1,000人超」企業においては5割を超える

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課
TEL: 03-5775-3163  E-mail: keiki@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向