業界情報記事

パチンコホール経営業者の経営実態調査

増収企業は1割未満で、売上高合計も減少
〜 倒産件数は2年連続で増加の見込み 〜

はじめに

「依存症問題」に端を発し、規制強化が進むパチンコ・パチスロ業界。今年8月には6段階設定搭載パチンコ機が発売されたほか、2019年2月以降は6号機と呼ばれるパチスロ機の検定基準変更が控えるなどルールの厳格化が進んでいる。こうした規制強化による射幸性の低下は、依存症問題の解決策と目される一方、“遊技者離れ”を引き起こす可能性が指摘されており、パチンコホール経営業者の経営環境は大きく変化している。

帝国データバンクでは、企業概要ファイル「COSMOS2」(147万社収録)の中から、5期連続で業績が判明しているパチンコホール経営業者2106社を抽出。売上高合計などについて調査・分析した。

調査結果

  1. 1 パチンコホール経営業者2106社の売上高合計を見ると、2013年度は21兆882億円だった。以降、売上高合計は減少基調で推移し4期連続で減少。2017年度は17兆3735億円となり、2013年度比で17.6%減少した。また、前年度比の減少幅は、2014年度(前年度比3.0%)、2015年度(同4.2%)、2016年度(同5.4%)、2017年度(同6.3%)と年々拡大している
  2. 2 2017年度に『増収』となったのは182社(構成比8.6%)で、『その他』は1924社(91.4%)。全体の9割超が増収を果せていない
  3. 3 売上規模別にみると、最も社数が多かったのは『10億円以上50億円未満』(888社、構成比42.2%)。一方、最も少なかったのが、『1000億円以上』(24社、同1.1%)
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

サービス業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向