業界情報記事

国内主要112行の預金・貸出金等実態調査

貸出金増加率、前年比1.2%に縮小
〜 預金・貸出金ともに増加率トップは「九州」 〜

はじめに

2017年は金融庁がはじめて地方銀行の運用部門への検査に乗り出すなど、新たな視点で経営をチェックする動きがみられたほか、再編の動きに目を向けると、近時だけでも4月には大阪・兵庫の3行が経営統合(関西みらいフィナンシャルグループ)、5月には都内3行の合併により「きらぼし銀行」が誕生するなど、銀行の経営環境、経営状況が引き続き注目されている。

帝国データバンクは、国内主要112行(大手銀行7行、地方銀行64行、第二地方銀行41行)の2018年3月末および2017年3月末の預金、貸出金の残高および2018年3月期、2017年3月期の預金利息(支出)、貸出金利息(収入)の推移について調査・分析した。

■大手銀行7行=三菱東京UFJ銀行(2018年4月1日に三菱UFJ銀行に商号変更)、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、新生銀行、あおぞら銀行

■各数値は各行の決算短信(単体ベース)に記載されている数値(単位:百万円)を採用

■きらぼし銀行は2018年5月1日に東京都民銀行(地銀)、八千代銀行(第二地銀)、新銀行東京の3行合併により誕生しているため、今回の調査では東京都民銀行、八千代銀行のそれぞれの数値を計上

調査結果

  1. 1 2018年3月末の国内主要112行の預金は743兆7824億8800万円となり、2017年3月末比で24兆6647億円増加(3.4%増)。大手銀行、地方銀行、第二地方銀行の3業態すべてで増加し、112行中96行(構成比85.7%)で増加
  2. 2 112行の貸出金は511兆3156億2000万円となり、2017年3月末比で6兆1486億3300万円増加(1.2%増)。112行中102行(構成比91.1%)で増加
  3. 3 2018年3月期の112行の収支<貸出金利息(収入)−預金利息(支出)=本業利ざや>は、5兆5469億6400万円となり、2017年3月期比で331億8800万円減少(0.6%減)。3業態すべてで減少し、112行中80行(構成比71.4%)で減少
  4. 4 地方銀行、第二地方銀行の計105行を対象とした地域別動向では、預金、貸出金ともに9地域すべてで増加。預金、貸出金ともに「九州」の増加率がトップ
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

金融業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向