業界情報記事

タカタの連鎖倒産発生状況調査

再生法申請1カ月、連鎖倒産ゼロ
〜今後は中長期的なリスクを注視〜

調査結果

  1. 1 6月26日に民事再生法の適用を申請したエアバッグ大手のタカタ(東証1部)。最終的な負債総額は1兆円超が見込まれる戦後最大の製造業倒産となったが、同法申請からちょうど1カ月となる7月25日までに取引先の連鎖倒産は1件も発生していない
  2. 2 主な要因は、申請後すぐに打ち出されたセーフティネット保証制度や地元自治体などによる資金繰り支援策に加え、タカタが部品供給等に関わる重要な取引先に対して、従前通りの条件で全額弁済を行う方針を示したことが寄与したものと見られる
  3. 3 上記要因などから短期的な連鎖倒産リスクは抑えられているものの、中長期的にはスポンサー候補のキー・セイフティー・システムズおよび得意先の自動車メーカー各社の動向次第では、タカタの主な生産拠点のある滋賀県、佐賀県を中心に、一定の影響が及ぶ可能性もある
  4. 4 過去の大型倒産発生後の連鎖倒産状況(任意整理含む)を見ると、申請後1カ月に、そごう(2000年7月民事再生法)は6件、マイカル(2001年9月同法)は11件の取引先が倒産

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

輸送機械業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向