業界情報記事

レンタカー業者の経営実態調査

2015年度の総売上高は前年度比3.4%の増加 1兆円規模に迫る勢い
〜 2015年度は約6割の企業が増収 〜

はじめに

近年、「若者のクルマ離れ」に代表される自動車の保有に対する消費者の価値観の変化などにより、レンタカーやカーシェアリングへの需要が高まっている。国土交通省によると、2015年3月末までに登録されたレンタカーは累計約60万台にのぼり、前年度から11.8%増加した。観光やレジャーなど必要な時に気軽に利用できるレンタカーは、自動車を保有しない個人を中心とした需要のほか、近年では訪日外国人観光客の増加も加わり、業界への追い風は一層強まっている。

帝国データバンクでは、企業概要データベース「COSMOS2」(約146万社収録)や信用調査報告書ファイル「CCR」(170万社収録)をもとに、レンタカーを主業とする企業(256社)および従業とする企業(118社)の計374社を抽出、集計・分析を行った。

■レンタカー業者
「自動車賃貸業」を主業とする企業のうち、「普通自動車」(トラックやマイクロバス、原動機付自転車などを除く)を一般顧客へ貸し出す「レンタカー業」を経営する企業

調査結果

  1. 1 レンタカー業を主業とする企業は、2016年9月時点で256社あることが判明。本社所在地別に見ると、最も多かったのは「東京都」「沖縄県」の21社(構成比8.2%)。設立年代別では「1960年代」(55社、構成比21.5%)が最多
  2. 2 年度別に業績が判明した256社の売上高合計を見ると、2015年度は前年度から3.4%増となる9892億3900万円となり、1兆円に迫った。2015年度の増収・減収動向を見ると、約6割(152社、構成比59.4%)の企業が増収となった
  3. 3 ブランド別に見ると、最も多かったのは「トヨタレンタリース」など「大手6ブランド」の148社(構成比57.8%)。売上高構成比では「大手6ブランド」が90%以上を占める
  4. 4 レンタカー事業を従業とする企業を見ると、主業は「ガソリンスタンド経営」の24社(構成比20.3%)が最多となった
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部 情報企画課
TEL:03-5919-9343 FAX:03-5919-9349

サービス業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向