業界情報記事

クラフトビールメーカー166社の実態動向調査

クラフトビールメーカー、“94年組”が躍進
〜 停滞期を脱し、ブームも定着へ 〜

はじめに

“クラフトビール”のブームが継続している。
クラフトビールとは、小規模なビール醸造所で製造される地ビールのこと。業態としては“直販”、ブルワリー(醸造所)に併設されたビアパブやレストランで飲食に供されることが多く、出荷数量としては“外販”、樽生や瓶詰め、缶詰めが多い。小売店の店頭でもよく目につく商品だ。

もともとは、94年の酒税法改正でビールの酒類製造免許取得のために定められている最低製造量が年間2000キロリットルから60キロリットルへ引き下げられたのを機に新規参入が急増。全国に300社以上の地ビールメーカーがひしめく大混戦状態となったものの、第一次のブームは瞬く間に沈静化した経緯がある。

しかし近年、地ビールはクラフトビールとなって新たに市民権を得た。市場の環境もメーカーのスタンスも異なり、クラフトビールは酒類市場の一ジャンルとして定着する可能性が高い。

帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(146万社収録)から、クラフトビール製造を主力事業として手がける「主業」64社と、本業は別にあるが、ビール製造を行う「副業」102社を抽出し、クラフトビールメーカー166社について地域別、県別の分布や売上動向、主業メーカーの売上、従業員数、業歴、資本金額などの規模、副業メーカーの本業を調査・分析した。

調査結果

  1. 1 直販が多い業態の特性上、最大の需要地である関東、中部、 近畿の3大都市圏に全166社の過半数が集中する。一方、都道府県別では「北海道」の16社が首位。観光地としての集客力を生かし、上位企業は外販に強みを持つ
  2. 2 「主業」64社のうち上位企業はほとんどが94年の規制緩和を機に参入。直販のみに依存せず、外販と輸出で出荷数量を確保するビジネスモデルを確立している
  3. 3 「主業」64社の売上規模は、9割以上が10億円未満。しか   し、市場停滞期も品質向上や販路開拓に取り組み、規模の追求より「ものづくりへのこだわり」が強い
  4. 4 「副業」102社の本業は「飲食店」がもっとも多く、次いでビール製造以外の「酒類製造」。簡易醸造装置の恩恵で参入が容易となり、マイクロブルワリーやブルーパブが増えている
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

食品業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向