業界情報記事

国内菓子メーカーの経営実態調査

近畿・中国、大遷宮効果で売り上げ増加 〜 小麦、乳製品、カカオなど原料高でほろ苦さも 〜

はじめに

バレンタインデーは1年のなかで最もチョコレートの需要が増すことから、菓子メーカーや百貨店では、バレンタイン商戦が本格化している。今年は、消費税率8%引き上げ後、初めてのバレンタインデーとなるほか、当日は土曜日にあたることから、義理チョコ需要の減少が予想される。 近時は、チョコレート菓子の原料となるカカオ価格の上昇や円安の影響で、販売価格の値上げに踏み切る菓子メーカーも出始めている。さらに、酪農家の減少によるバター不足や、その他原材料価格の高騰など業界への影響が懸念される。 帝国データバンクは、2015年1月時点の企業概要データベース「COSMOS2」(145万社収録)の中から、2013年度(2013年4月〜2014年3月期)決算の年売上高が判明した国内菓子メーカー、474社(年売上高10億円以上、一部推計値を含む)を抽出し、売上高総額の推移、損益状況、地域・業歴別について分析した。 同様の調査は2014年2月に続き4回目。

■国内菓子メーカー474社のうち、2011年度〜2013年度の年売上高が判明し比較対象としたのは462社。2013年度および2012年度決算の当期純損益が判明し比較対象としたのは386社

調査結果

  1. 1 国内菓子メーカー474社のうち、2013年度および2012年度の年売上高が判明した462社の20 13年度の年売上高総額は2兆8899億7600万円となり、前年度比で820億7800万円増加(2.9%増)となった
  2. 2 2013年度決算における損益(当期純損益)は、黒字となった企業が82.6%(319社)を占めた一方、赤字企業は17.4%(67社)となっており、原材料価格の上昇や燃料費の高騰で前年度比4.7ポイント上昇した
  3. 3 地域別では、増収企業の割合が最も高いのは「中国」(11社、構成比78.6%)となった。島根県出雲大社の大遷宮効果で観光客数が増加し、観光土産用菓子の販売数が急伸
  4. 4 業歴別では、業歴30年以上が全体の82.7%を占めた。また、「100年以上」の長寿企業78社のうち、6割以上の企業が増収となった

詳細はPDFをご確認ください

お問合せ先

株式会社帝国データバンク 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

食品の業界基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向