帝国データバンクからのお知らせ

人工知能(AI)を活用した融資審査高度化の実証実験(第二弾)の開始について

株式会社広島銀行(代表取締役頭取 池田 晃治)は、ルートエフ・データム株式会社(代表取締役 大庫 直樹)、日本リスク・データ・バンク株式会社(代表取締役社長 大久保 豊)、株式会社帝国データバンク(代表取締役 後藤 信夫)と連携し、人工知能(以下「AI」)を活用した融資審査高度化に向けた実証実験の第二弾を開始しますので、下記のとおりお知らせいたします。




【概要】

実証実験 第二弾では、より実務応用を意識し、対象を小規模事業者へ特化するとともに将来的な実装を見据えたビジネスローン商品の組成も併せて検討いたします。
また、第一弾※1で分析対象とした「財務情報」・「口座残高推移情報」に加え、日本リスク・データ・バンク株式会社が提供するRDB-DynaMICシステム上で運用している商流情報等複数の行内データや株式会社帝国データバンクが保有する現地調査に基づく大規模データとその収集・解析ノウハウを活用するなど、性質の異なるデータを多角的に取り込むことで、モデルの精度と汎用性の向上を図るものです。

※1 実証実験 第一弾について
・平成29年2月〜9月まで実施(参考:平成29年2月6日付ニュースリリース)
・一般法人事業者全体におけるデフォルト予測モデルを構築し、一定条件下においてAR値※2基準で70%を上回る予測精度を実現
・併せて、今後の銀行業務全般へのAI導入に係る汎用的な課題を抽出・整理し、活用可能性を確認

※2 AR(Accuracy Ratio)
デフォルトしやすさをどれだけ正確に表現できているかの精度を示す指標。一般的に60%以上で実務に適用可能とされる。



【実施時期】

平成30年4月〜9月(予定)

【今後の方針】

検証結果を基にAIを活用した融資審査の実用化及び、その他銀行業務全般における幅広いAI活用について検討していく予定です。


本件取組内容のイメージ

本件取組内容のイメージ


■広島銀行のWebサイト

https://www.hirogin.co.jp/index.html

■ルートエフ・データム株式会社のWebサイト

https://www.rootf-datum.com/

■日本リスク・データ・バンク株式会社のWebサイト

https://www.riskdatabank.co.jp/

■帝国データバンクのWebサイト

https://www.tdb.co.jp

■関連ニュースリリース

人工知能(AI)を活用した融資審査高度化の実証実験(第二弾)の開始について

http://www.hirogin.co.jp/ir/news/paper/news180406-1.pdf



今回のニュースリリースに関するお問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 営業推進部営業開発課(担当:北野・関)
〒107-8680 東京都港区南青山二丁目5番20号
TEL:03-5775-3132(直通)


株式会社広島銀行 総合企画部 デジタルイノベーション室(担当:石原)
〒732-0804 広島市南区西蟹屋一丁目1番7号
TEL:(082)504-6641(直通)