景気・経済動向記事

<緊急調査>2024年度賃上げ実績と初任給の実態アンケート

企業の77.0%が賃上げ実施も、3社に2社は「賃上げ率5%」に届かず
〜 価格転嫁難しく、企業規模間で「格差拡大」懸念高まる 〜

はじめに

労働団体の連合が4月4日に発表した2024年春闘の第3回回答集計結果で、全体の賃上げ率は平均で5.24%1と33年ぶりの高水準となり、連合が掲げる「5%以上」の目標を超えた。

人手不足の深刻化や物価の高騰などに対して、より一層の賃上げが期待されるなかで新年度がスタートした。大企業を中心に人材確保を目的とした初任給引き上げの動きが相次いでいる状況である。

一方、中小企業からは賃上げに対する厳しい声があがっており、政府・日銀が目指す「賃金と物価の好循環」が実現できるかが注目されている。

そこで帝国データバンクは、新年度の賃上げの実績および新入社員の初任給について企業へアンケートを行った。

■アンケート期間は2024年4月5日〜15日、有効回答企業数は1,050社(インターネット調査)

1 うち組合員300人未満の中小組合の賃上げ率は平均4.69%で過去と比べて高水準である

調査結果

  1. 1 2024年度の賃上げ実施割合は77.0%も、全体の3社に2社は「賃上げ率5%」に届かず
  2. 2 規模別、「小規模企業」の賃上げ実施割合は65.2%と全体を10ポイント以上下回る
  3. 3 2024年度に新卒社員を採用する企業の割合は45.3%。「大企業」76.2%、「小規模企業」23.7%と二極化
  4. 4 初任給、3社に1社が20万円未満。大企業と中小企業の間で「格差拡大」の懸念

  5. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向