業界情報記事

上場「スーツ・紳士服7社」動向調査

「オーダースーツ」好調、紳士服に復活兆し
〜 上場紳士服7社の売上高、4%増の3600億円 〜

はじめに

コロナ禍で大きく減少したスーツ需要が戻りつつある。上場するスーツ関連企業7社の2023年度業績をみると、スーツ事業の売上高合計は前年度比約4%増の3600億円に上る見通しとなった。スーツ事業の営業利益合計も5年ぶりに100億円を超えるとみられる。スーツ店舗数は23年度末時点で2300店舗前後になるとみられ、コロナ前で最も多かった17年度末(2997店)から約700店減・8割前後まで縮小する。大手を中心に、コロナ禍に行った大規模な店舗整理が影響した。

コロナ前に比べるとスーツ需要は回復途上にある半面、冠婚葬祭向け礼服需要の回復やオーダースーツ人気の高まり、「ビジカジ」ウェアの販売拡大が各社の業績アップを後押しした。業界首位で「洋服の青山」を展開する青山商事は、自社のオーダースーツブランド「Quality Order SHITATE」を全店舗に導入した。一方、「AOKI」「ORIHICA」を運営するAOKIホールディングスは、高価格帯「金のスーツ」が好調なほか、「パジャマスーツ」や女性向けウェアの商品提案力を強化した。

足元では「2024年度の新入学・入社式向けが好調」と聞かれるほか、パターンオーダーを含め「オーダースーツが想定以上に売れている」との声も聞かれる。既存のビジネススーツ以外における商品力の強化が実を結ぶ形で、コロナ禍の苦境から「復活」の兆しが見えている。

調査結果

  1.  店舗数はピークから2割減・2300店舗 コロナ禍での店舗整理が影響
  2. 詳細はPDFをご確認ください

    お問い合わせ先

    株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
    TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

    繊維業界の基本情報・動向

    業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

    こんなご要望ありませんか?

    • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

      御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

    • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

      御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
      ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

    お問合せ・資料請求はこちらから

    業界調査関連 関連サービス

    景気・業界の動向