景気・経済動向記事

「後継者難倒産」動向調査

「後継者難倒産」、初の500件超え
不在率は改善も、経営者の高齢化リスクはなお続く

はじめに

後継者不在のため事業継続の見込みが立たず倒産した「後継者難倒産」は、2023年11月に46件発生した。1-11月の累計件数は509件となり、12月を残して年間の最多件数を更新、初の500件超えとなった。主因別にみると、厳しい経営状況が続き後継者が事業を継ぐことをためらい、倒産に至った「販売不振」(269件)が大半を占めた。また、「経営者の病気、死亡」(210件)により経営者が不在になる、または後継者が継いだものの事業継続が困難になったケースも目立った。
帝国データバンクが算出した2023年の「後継者不在率」は53.9%と、前年の水準を6年連続で下回るなど、「後継者問題」は改善傾向が続いている。その一方で、事業承継「適齢期」とされる60歳代の代表者の後継者不在率は37.7%、70歳代も約3割で後継者が決まっていない。代表者の高齢化が進むにつれ、病気や死亡により事業継続がままならなくなるほか、「後継者育成」が頓挫し、承継完了が間に合わずに事業継続を断念するリスクは高まってきている。後継者が不在のなか、十分に業績が改善しないままゼロゼロ融資の返済や各種コスト負担などに追われる企業を中心に、後継者難倒産は今後も増加する可能性が高い。

■後継者難倒産[定義]
法的整理(倒産)となった企業のうち、後継者不在のため事業継続の見込みが立たなくなったことが要因となった倒産を集計

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク  情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向