業界情報記事

2023年冬シーズン「クリスマスケーキ」価格調査

今年のXmasケーキ、平均4468円
〜 「値上げ幅」前年より拡大 2年間で500円超値上げ 〜

はじめに

クリスマスケーキの平均価格は前年から300円超アップし、前年を上回る値上げとなった。2022年冬シーズンは原材料価格の動向が見通しづらく、値上げ幅を小幅に抑えたケースが多かった。ただ、今シーズンは「例年通りの価格では利益が見込めない」といった声も聞かれ、ほぼ全ての原材料で価格が高騰したことも、大幅な値上げを後押しした。加えて、4年ぶりにコロナ禍の制限がないクリスマスを迎え、消費者の財布が緩むことを期待した「値付け」も多いとみられる。
一方で、今年1年間で値上げされた食料品はバブル崩壊以降で最大級の3万品目超えとなり、家計では月3700円分の食費「節約」に動くなど、値上げへの抵抗感は昨シーズンに比べて強まっている。足元では他の食料品同様、クリスマスケーキでも高額品の買い控えや低価格品への人気集中といった「値上げ疲れ」の兆候も一部で聞かれ、大幅な値上げが消費者に受け入れられない可能性もあり、今シーズンのおけるケーキ商戦の成り行きが注目される。


■全国の大手コンビニエンスストア・百貨店・スーパー・洋菓子店などのうち、前年と価格が比較可能なオリジナルケーキブランドを対象に調査を行った。比較対象は100社・ブランド。標準的な苺ショートケーキ5号サイズ(ホール)、または目玉ケーキの税抜価格
■前年と比較できないケーキ(企業)があるため、一部22年時点と調査対象が変更となっている。なお、入れ替え対象のケーキについては21年に遡って価格データを再集計しており、データの連続性には問題がない

調査結果

  1. 1 4年ぶりの「平常」クリスマス 消費者の購買意欲アップに期待も「値上げ疲れ」懸念
  2. 2 今年のクリスマスケーキ、平均4468円 前年から325円アップ、2年で1割超の「大幅値上げ」
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報統括部
TEL:03-5919-9343 E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

食品業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向