業界情報記事

「食品主要195社」価格改定動向調査 ― 傾向データ分析編

今年の食品値上げ 「計画的」? 発表⇒実施まで「70日」、前年より長く
〜 累計4万5000品目の値上げデータ分析 〜

はじめに

2022年度の生鮮食品を除く消費者物価指数は前年度に比べて3.0%上昇となり、第二次石油危機によるインフレの影響を受けた1981年度以来、41年ぶりの高水準となった。3月単月でも3%を超え、2月に比べて伸び率は低下したものの依然として高水準が続いている。

足元では、小麦の取引相場低下を背景にしたパスタの値下げなど、一部の製品では価格引き下げの動きがある。ただ、多くの食品では原材料高など引き続き値上げ圧力が強く、少なくとも今秋までは断続的に値上げが続きそうだ。こうしたなか、多くの食品では値上げの告知から実施日までの「モラトリアム」が2カ月以上あり、食品分野によっては値上げ実施日が揃って同日のケースもある。日ごろ多く使用する製品は情報収集や値上げ前に少し多めに買い足すなど、消費者側でも生活防衛に向けた「賢い購買行動」が求められそうだ。


調査結果

  1.  「緊急値上げ」から「計画的値上げ」へ? 値上げ発表⇒実施までの期間が長期化
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9343 E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

食品業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向