景気・経済動向記事

2022年冬季賞与の動向調査

冬のボーナス、企業の21.2%で前年より「増加」
〜 人流増加や政策支援などが好材料 〜

はじめに

2022年は、2月のウクライナ侵攻が新型コロナショック下における経済活動にさらなる大きな影響を与えた。10月には外国為替レートが一時1ドル150円超と32年ぶりの円安水準を記録。原材料価格の高騰も重なり、食品などを含む物価高が家計・企業を直撃、実質賃金の低下が続いている。その一方で、インフレ手当の支給も増えつつある。
帝国データバンクは、2022年冬季賞与の動向について調査を実施した。


■調査期間は2022年11月16日〜30日、調査対象は全国2万6,953社で、有効回答企業数は1万1,510社(回答率42.7%)。なお、冬季賞与の動向に関する調査は2020年、2021年に続き3回目

調査結果

  1. 1 冬季賞与、企業の21.2%で1人当たり平均支給額が前年より「増加」
  2. 2 新型コロナショック下において、4業界で冬季賞与が「増加」する割合が2年連続で高まる
  3. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向