景気・経済動向記事

全国「老舗企業」分析調査(2022年)

老舗企業、初の4万社突破 出現率は「京都府」が5.15%で最高
〜 業種別では「醸造系」が目立つ、1000年企業は9社が判明 〜

はじめに

世界でも有数の老舗大国である日本。「老舗」は「仕似せる」に由来する言葉だと言われており、「先祖代々の家業を絶やさず続ける」「長い商売で信用を得て資産を築く」といった意味がある。100年以上にわたって経営を続ける企業は、相次ぐ災害や需給の変化など幾多の困難を乗り越えており、積み上げた実績にとどまらず、変化を厭わない「進取の気性」「不易流行」の精神を持ち合わせている。そうした姿は事業継続の観点からも学ぶ意義は深い。

帝国データバンクが把握している、2022年8月時点で業歴100年を超える老舗企業 は、4万409社を数えた。毎年およそ1,000〜2,000社が業歴100周年を迎えるなか、初めて4万社を突破した。2023年に100周年を迎える企業は約2,000社あり、さらなる増加が見込まれる。また、全体に占める老舗企業の出現率は2.54%だった。

■企業概要ファイル「COSMOS2」(2022年8月時点、約147万社収録)に加え、独自で収集し営業の実体が確認できた企業を元に、創業・設立から100年を超えている企業を「老舗企業」と定義し、分析を行った

調査結果

  1. 1 江戸開府以前の創業は152社を確認 明治時代に誕生した企業も2万社以上が存続
  2. 2 老舗出現率は「京都府」が5.15%でトップ 「山形県」「新潟県」など日本海側が目立つ
  3. 3 業種別ではテナント貸しなどの「貸事務所」が最多 酒・建築・服飾関連が上位に並ぶ
  4. 4 業種別の老舗出現率、「清酒製造」が78.3%とダントツ 新規参入が困難な「醸造」分野が上位に
  5. 5 現代表の就任経緯、老舗企業の「同族継承」割合は77.3%、全体を大きく上回る
  6. 6 後継者不在率、老舗企業では49.0%と半数以下
  7. 7 老舗企業の社長平均年齢は62.2歳、全体より1.9歳高い
  8. 8 売上高は半数近い44.9%が「1億円未満」、老舗出現率では「1,000億円以上」がトップ
  9. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向