業界情報記事

上場企業(アパレル)の月次売上高動向調査(2021年3月分)

3月アパレル、8割超が前年同月を上回る
〜 昨年の臨時休業などの反動増も、2019年3月比では低調 〜

はじめに

3月は、延長されていた首都圏1都3県における緊急事態宣言下にあったが、21日をもって全面解除。春らしく暖かくなったこともプラスとなり実店舗の客足の回復がみられ、それが売り上げに反映された企業が多くみられた。

帝国データバンクでは、アパレルを中心とした衣服類販売を手がける上場企業(または上場グループ中核企業)のうち、HPなどで月次売上高をリリースしている24社について、2021年3月分の全店実績を集計し、分析した。


■月次売上高の集計方法等は、リリース企業の手法・方針に準ずる

調査結果

  1. 1 集計対象24社のうち、2021年3月の月次売上高が全店ベースで前年同月(2020年3月)を上回ったのは20社(構成比83.3%)、下回ったのは4社(同16.7%)。下回った企業は2021年2月の18社から14社減少した。2020年3月は新型コロナの影響が本格化し全店売上高の前年同月比の平均が約7割という状況であったが、今年3月は緊急事態宣言の解除や自粛慣れもあり、反動増となる企業が増加した
  2. 2 新型コロナ発生前の2019年3月比と比較すると、上回ったのは5社(構成比20.8%)、下回ったのは19社(同79.2%)。下回った企業が約8割を占めており、新型コロナ発生前に回復していると言うには程遠い状況といえる。2020年3月比、2019年3月比ともに下回ったのはジーンズメイト、タカキュー、パレモ・ホールディングスの3社(パレモは20日締めで解除後の影響は未反映)
  3. 3 4月も反動増となる企業が目立つ可能性が高いが、3度目の緊急事態宣言が発出されたことで増加幅は縮小するとみられる
  4. 詳細はPDFをご確認ください

    お問い合わせ先

    株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
    TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

    繊維業界の基本情報・動向

    業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

    こんなご要望ありませんか?

    • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

      御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

    • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

      御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
      ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

    お問合せ・資料請求はこちらから

    業界調査関連 関連サービス

    景気・業界の動向