業界情報記事

クリーニング業者1,833社の経営実態調査

テレワークの定着などにより、2020年は業績が悪化
〜 2019年度まで収入高合計は4期連続で増加するも、小規模業者は苦戦 〜

はじめに

新型コロナウイルスの国内初感染が確認されてから1年が経過した。今年に入り、11都府県で再び緊急事態宣言が発出され、当初、期間は今月7日までの予定だったが、10都府県で3月7日まで延長された。引き続き、事業者にはテレワークの推進などにより「出勤者数の7割減」が求められている。これに伴い、ワイシャツやスーツなどのクリーニング需要の減少は避けられず、クリーニング業者にとって、昨年同様、今年も厳しい1年となることが予想される。

帝国データバンクは、2021年1月時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(147 万社収録)のなかから、2015年度から2019年度決算(決算期変更は除く)の収入高が判明したクリーニング業者1,833社(法人・個人事業主)を抽出し、収入高、規模別、地域別、業歴別について分析した。

調査は今回が初めてとなる。

調査結果

  1. 1 クリーニング業者のうち、2015年度から2019年度の5期連続で収入高が判明した1,833社を対象に収入高合計を比較すると、4期連続で前年度比増加となり、2019年度の収入高合計は4,245億4,600万円(前年度比0.3%増)となった。2017年度から2019年度までの収入高動向をみると、2019年度は「増収」の比率が低下し、「横ばい」「減収」の比率が上昇するなど収入が伸び悩んでいる企業が多い
  2. 2 1,833社を収入高(2019年度)の規模別にみると、「1億円未満」が1,082社(構成比59.0%)で最多となり、増収企業が1割に満たない
  3. 3 1,833社のうち、決算が6〜9月の企業で、2018年から2020年の収入高が比較可能な432社をみると、2020年は8割強の企業が減収。増減率平均も14.9%減に低下
  4. 4 地域別では、「関東」が578社(構成比31.5%)で最多となり、「九州・沖縄」の208社(同11.3%)、「近畿」の206社(同11.2%)と続いた
  5. 5 業歴別では、「50〜100年未満」が1,016社(構成比55.4%)で最多となった一方、「10年未満」が26社(同1.4%)にとどまるなど、新規参入は少なく、地場に根付き、築き上げた顧客基盤をもとに、業歴の長い業者が多い
  6. 詳細はPDFをご確認ください

    お問い合わせ先

    株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
    TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

    サービス業界の基本情報・動向

    業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

    こんなご要望ありませんか?

    • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

      御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

    • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

      御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
      ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

    お問合せ・資料請求はこちらから

    業界調査関連 関連サービス

    景気・業界の動向