業界情報記事

上場企業(アパレル)の月次売上高動向調査(2020年12月分)

12月のアパレル売上、約8割が前年を下回る
〜 気温低下で冬物需要高まるも、感染「第3波」が売り上げに影響 〜

はじめに

新型コロナウイルスの感染「第3波」がさらなる消費混乱をきたした12月。東京都では年末に1日あたりの新規感染者数がはじめて1000人を超えるなど、各地で外出自粛要請がなされ、各事業者は年末商戦で苦戦を強いられた。一方、気候は冬らしく冷え込み、アウターなどの冬物商品のニーズが高まったが、外出自粛の影響を大きく受けた。

帝国データバンクでは、アパレルを中心とした衣服類販売を手がける上場企業(または上場グループ中核企業)のうち、HPなどで月次売上高をリリースしている24社について、2020年12月分の全店実績を集計し、分析した。

※月次売上高の集計方法等は、リリース企業の手法・方針に準ずる

調査結果

  1. 1 集計対象24社のうち、2020年12月の月次売上高が全店ベースで前年同月(2019年12月)を上回ったのは5社(構成比20.8%)、下回ったのは19社(同79.2%)。12月後半は気温が低下したため、アウターなどの冬物商品の需要が高まり好調となる側面もあったが、新型コロナの感染第3波による外出自粛の影響が大きく、年末商戦での売り上げに影響し、前年同月を下回った企業が大半を占めた。下回った企業は11月の18社から1社増加した
  2. 2 下回った19社のうち、前月と比べ、アウターやEC販売が好調であった6社で減少幅が縮小、12社は減少幅が拡大、1社は増加から減少に転じた。前年同月比の減少率が10%以上となった企業は、11月は12社であったが、12月は17社と増加した。一方、前年同月を上回った5社のうち西松屋チェーン、ワークマン、ファーストリテイリングの3社では増加幅は拡大した。   1月7日に再び緊急事態宣言が発出されたことで、厳しい経営環境が継続するとみられる
  3. 詳細はPDFをご確認ください

    お問い合わせ先

    株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
    TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

    繊維業界の基本情報・動向

    業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

    こんなご要望ありませんか?

    • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

      御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

    • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

      御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
      ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

    お問合せ・資料請求はこちらから

    業界調査関連 関連サービス

    景気・業界の動向