景気・経済動向記事

上場企業の新型コロナに伴う従業員への支援策実態調査

上場企業90社で一時金・特別休暇支援を実施
〜 サービス業が約4割を占める 〜

はじめに

新型コロナウイルス(以下:新型コロナ)が国内経済に大打撃を与えている。新型コロナの影響を受け倒産した企業は6月4日14時時点で216件判明。倒産の発生スピードは加速しており、先月15日には東証1部上場の(株)レナウンが再生手続き開始決定を受けた。今後も企業規模に関係なく、時短営業や外出自粛により、業績が悪化する企業はさらに増えていく可能性が高い。

一方で、スーパーマーケットやドラッグストアなど来店客数が急増している業種もある。最近では、事業を支える従業員に対し、一時金の支給や特別休暇の付与を実施する企業も目立つ。

帝国データバンクでは2020年2月1日から6月3日までに決算短信や適時開示情報を公表した上場企業のうち、新型コロナに伴う従業員向け支援を実施した企業を集計した。

■従業員向けの新型コロナ対応として「一時金の支給」「特別休暇の付与」の支援を公表した上場企業のみをカウント

■同様の調査は今回が初めて

調査結果

  1. 1 新型コロナへの対応として、従業員向けの支援を発表した上場企業は、2月1日から6月3日までに累計90社となった
  2. 2 業種別にみると「サービス業」(35社、構成比38.9%)が最多。次いで「製造業」(20社、同22.2%)、「その他(持ち株会社含む)」(16社、同17.8%)と続いた。また「サービス業」のなかでも、「ソフト受託開発」や「パッケージソフト業」、「情報提供サービス業」といったIT企業が目立った
  3. 詳細はPDFをご確認ください


お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社情報部
TEL:03-5919-9342 FAX: 03-5919-9348

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向