景気・経済動向記事

「令和」企業の動向調査

商号「令和」の企業は全国で71社
〜 誕生時期は「5月上旬」が最多 〜

はじめに

2019年5月1日、30年余り続いた「平成」に代わり「令和」の時代が幕を開けた。新時代の祝賀ムードに高揚した人々や各メディアが賑わいを見せた改元から、間もなく半年が経過しようとしている。
その間、大きな社会問題となった煽り運転問題、大手芸能事務所の闇営業問題、アニメ制作会社の放火事件のほか、台風による甚大な被害が発生するなど、明るい話題ばかりではなかった。また、今月に入り消費税が10%に増税されたが、軽減税率の導入など複雑なしくみが人々を困惑させる場面も見受けられた。
一方で、日本で開催されているラグビーワールドカップは連日盛り上がりを見せており、史上最強と言われる日本代表選手が全国各地を活気づけた。新局面を迎えた「令和元年」は間違いなく記憶に残る年となるだろう。

そうしたなか、帝国データバンクでは、平成に代わる新元号「令和」が発表された平成31年4月1日から令和元年10月20日までの間(203日間)に、「令和」の商号で新設された事業者や商号変更して「令和」になった事業者(いずれも法人番号が付与されている事業者)などについて、その数や設立時期、所在地などについて調査した。


■今回の調査では「令和」という漢字表記のみを対象としており、ひらがな、カタカナ、その他の表記は含んでいない

■今回の調査対象は下記の4パターンの企業とした
・「新設・令和」企業 … 「令和」の商号で新設された事業者
・「商変・令和」企業 … 商号を変更することで「令和」となった事業者
・「新設・令和関連」企業 … 商号の一部に「令和」が含まれた新設事業者
・「商変・令和関連」企業 … 商号を変更することで商号の一部に「令和」が含まれた事業者

調査結果

  1. 1 平成31年4月1日から令和元年10月20日の間に誕生した「新設・令和」企業は44社、「商変・令和」企業は27社。また、「新設・令和関連」企業は294社、「商変・令和関連」企業は67社となり、4パターン合計の社数は432社。
  2. 2 法人格別では「株式会社」(303社)が最多。資本金別では「1000万円未満」(382社)が最多
  3. 3 新設・商号変更時期別では、「5月上旬」(59社、構成比13.7%)が最多。新設時期と商号変更時期を分けてみると、新設時期は「5月上旬」(42社)、商号変更は「4月上旬」(30社)が最多
  4. 4 都道府県別では「東京都」(86社)が最多で「大阪府」「福岡県」(各32社)が続いた

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341  FAX:03-5919-9348

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向