業界情報記事

太陽光関連業者の倒産動向調査(2018年度)

太陽光関連業者、2018年度は過去最多
〜 逆風下、中小企業の市場退出相次ぐ 〜

はじめに

太陽光関連業者の倒産が増加傾向となっている。
東日本大震災以降、固定価格買取制度(FIT)などの支援策で市場は急拡大し、電源構成に占める割合も増加したが、2019年度の事業用太陽光の買取価格(10kw以上500kw未満)は14円(前年度は18円)と一段と引き下げられる。採算の確保が困難となり、関連業者には逆風が吹いている。業態転換を図る事例も多い。

帝国データバンクでは、2006年度から2018年度までに発生した402社の太陽光関連業者(※)の倒産(法的整理のみ、負債1000万円以上)について、「倒産件数・負債総額の推移」、「倒産態様別」、「地域別」、「従業員数別」、「業歴別」、「負債額上位」を調査、分析した。

前回調査は、2019年1月。

※太陽光関連業者とは、@太陽光発電システム販売や設置工事、また太陽光パネル製造やコンサルティングなど関連事業を主業として手がけるもの、A本業は別にあり、従業として太陽光関連事業を手がけるもの、両方を含む

調査結果

  1. 1 2018年度の太陽光関連業者の倒産件数は前年比17.1%増の96件。5年連続で増加し、過去最多を更新した。2016年以降、高水準の倒産が続いている
  2. 2 2006年以降の倒産件数402件のうち、「破産」の構成比が94.0%に達し、「特別清算」と「民事再生法」がそれぞれ3.0%を占めた。地域別では、「関東」の構成比36.8%がもっとも高く、次いで「中部」(同17.7%)、「近畿」14.9%)、「九州」(14.2%)となっている。従業員別では、「10人未満」の構成比が69.7%、「10−50人未満」が同26.9%を占めており、中小企業の多いことがわかる。業歴は、「5−10年未満」が構成比26.9%でもっとも高い。これは2012年のFIT導入以降に市場に参入、しかし事業環境が悪化し、市場からの退出を余儀なくされたためとみられる。これに次いで、「30年以上」の業歴をもつ老舗が19.4%を占めた。これらは本業が別にあり、従業として太陽光関連事業を手がけていた事例が多い
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

エネルギー業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向