景気・経済動向記事

2016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

受注高9.1%増、2年ぶりにプラスへ
〜 公共工事、再び増加に転じる 〜

はじめに

上場建設会社の2016年度第2四半期(中間)決算が出揃った。

年に2回、6月と12月に行っている上場ゼネコンの“定点観測”だが、業界のトレンドは目まぐるしく変わっている。国内建設投資が92年度のピーク比半減となった2010年度が近年の受注高のボトム。その後、東日本大震災の復興需要、安倍政権下の補正予算、国土強靭化計画に基づくインフラ工事で活況を呈し、2014年度に受注高のピークをつけた。

しかし、2015年度通期の受注高は前年度比4.5%減と5年ぶりに減少し、特に公共工事のピークアウト感が鮮明となっていた。2016年度、このトレンドはどう変化しているだろうか。

帝国データバンクは、全国の主要上場建設会社の2016年度第2四半期の決算短信から、単体ベースの受注高とその官民比率、および連結ベースの売上高、売上総利益率について調査・分析した。調査対象は、主要な上場建設会社59社で、受注高については前年度との比較が可能な44社。

■(株)竹中工務店(未上場)は含めていない。

■前回調査は2016年6月27日、前々回調査は2015年12月24日。

調査結果

  1. 1 主要上場建設会社59社のうち、単体の受注高の判明している44社の2016年度第2四半期の受注高合計は、前年同期比9.1%増の5兆2275億8500万円となった。受注高は2年ぶりに増加に転じた
  2. 2 工事受注高の内訳(官・民)が判明している36社をみると、官公庁工事の受注高は、前年同期比35.5%増の1兆5162億4900万円。民間工事の受注高は、前年同期比4.5%増の3兆566億4800万円。官公庁工事が2年ぶりの大幅なプラスとなった一方で、民間工事の伸び率は縮小傾向にある(2015年度第2四半期は13.9%増、通期では6.2%増)
  3. 3 主要上場建設会社59社の売上高合計(連結ベース)は、前年同期比2.5%減の6兆6888億600万円
  4. 4 上場建設会社59社の売上高総利益率(連結ベース)の平均をみると、2016年度第2四半期は12.6%と前年同期比1.2ポイント上昇した。上場ゼネコンの収益力改善が続いている

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報部
TEL: 03-5919-9341  FAX:03-5919-9348 

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向