業界情報記事

アニメ制作企業の経営実態調査

2014年度の平均収入高、ピークから約4割減
〜 アニメ放映数増も、2009年度以降は横ばいで推移 〜

はじめに

8月12日から14日までの3日間、日本最大級のアニメや漫画などの同人誌即売会「コミックマーケット90」が東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された。コミックマーケット準備会によれば、総来場者数は約53万人。入場者数では2015年夏の「コミックマーケット88」(約55万人)に及ばなかったものの、最終日には炎天下のなか約21万人が来場、単日の入場者数としては過去最高タイを記録するなど、盛況のうちに閉幕した。

一般社団法人日本動画協会「アニメ産業レポート2015」によれば、2014年に放映されたアニメ作品は過去最大となる322本(新作232本)。2006年を境にアニメ放映本数やアニメソフトの売り上げが急減した「アニメバブルの崩壊」以降低迷が続いた国内アニメ産業だが、2015年に公開した劇場版アニメ「ガールズ&パンツァー」が累計動員数120万人、累計興行収入20億円を突破する大ヒットとなったほか、人気深夜アニメ「ラブライブ!school idol project」内のアイドルユニット「μ’s」がNHK紅白歌合戦に出場するなど、「アニメ」が再び注目を集めつつある。

■帝国データバンクでは、企業概要データベース「COSMOS2」(約146万社収録)や信用調査報告書ファイル「CCR」(170万社収録)などをもとに、アニメ制作を主業とする企業153社を抽出、集計・分析を行った。

※アニメ制作企業
アニメ制作に従事する企業のうち、直接制作を受託・完成させる能力を持つ「総合制作企業(元請)」「グロス請企業(準元請)」のほか、「レイアウト」や「撮影」、「背景」「色彩」「3DCG」などの専門分野において、「下請」としてアニメ制作に携わる企業

調査結果

  1. 194.1%の企業が「東京都」に本社を置き、特に「杉並区」(36社)など23区西部に集中
  2. 2「2000年以降」に創業した企業が52.9%(81社)、代表者は「50代」が最多
  3. 32014年度のアニメ制作企業の平均収入高は10億1800万円。アニメバブル崩壊以後は回復傾向にあるも、過去10年間ではピークの2006年度の3分の2の水準
  4. 42014年度業績の判明した147社のうち、増収企業は3年ぶりに減少。また、収入高規模別では「10億円未満」の構成比が76.9%(113社)となり、中小零細規模の企業が多数を占める
  5. 5153社の取引先は「サービス業」(561社)が最多。「製作委員会方式」によるアニメ制作により、幅広い業種・地域に取引企業が存在
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 産業調査部
TEL:03-5775-3073 FAX:03-5775-3169

サービス業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向