業界情報記事

特別企画 : 出版業者の倒産動向調査

出版倒産、前年度比5割超の大幅増 〜 消費税の増税で販売部数落ち込む 〜

はじめに

公益社団法人全国出版協会によると、雑誌や書籍など出版物の推定販売金額は、2013年に約1兆6823億円となり、ピーク時である1996年(約2兆6564億円)に比べ、約1兆円も縮小した。少子高齢化など人口構成比の変化による読者数の減少や、インターネットの普及によって情報収集手段が多様化、また近年のスマートフォン利用者の増加が販売部数の減少を速めている。総合通販サイトのアマゾンジャパン(株)(東京都目黒区)をはじめとするネット通販企業が書籍販売事業を拡大する一方で、地方を中心に閉店を余儀なくされる書店が散見され、ここ数年で出版業者を取り巻く経営環境は劇的に変化している。 帝国データバンクでは、2005年度(2005年4月〜2006年3月)から2014年度(2014年4月〜2015年3月)までの10年間の出版業者の倒産件数・負債総額を集計・分析した。

調査結果

  1. 1 2014年度の倒産件数は、前年度比53.3%増の46件。2009年12月に施行された中小企業金融円滑化法により、倒産件数は減少傾向をたどっていたものの、3年度ぶりに増加に転じた
  2. 2 負債総額は、前年度(30億100万円)比で272.5%増となる111億8000万円
  3. 3 近年の倒産で負債額トップは、若者向けファッション誌を手がけていたインフォレスト(株)(約29億1300万円)。このほか、教育関連や宗教関連が負債額上位に名を連ねた

詳細はPDFをご確認ください

お問合せ先

株式会社帝国データバンク 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

出版・新聞の業界基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向