倒産速報記事

北浜グローバル経営株式会社

経営コンサルタント
補助金・助成金の承認遅れで経営が悪化
自己破産を申請
TDB企業コード:863008033

負債20億5300万円

北浜グローバル経営 本社

「大阪」 北浜グローバル経営(株)(資本金1000万円、大阪市北区梅田1-13-1、代表前井宏之氏)は、5月24日に大阪地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は野上昌樹弁護士(弁護士法人大江橋法律事務所、大阪市北区中之島2-3-18、電話06-6208-1500)ほか。

 当社は、2012年(平成24年)10月に設立された。中小企業向けの補助金・助成金の申請支援を主力に、経営支援サービスを手がけていた。ものづくり補助金やキャリア助成金といった中小企業支援施策を活用するための計画策定を行い、人材育成支援、研修の企画・運営なども手がけていた。業務提携する金融機関や保険会社からの紹介で、クライアントと契約するケースが多く、関西圏を中心に全国規模で事業を展開し、2020年3月期には年収入高約2億2000万円を計上していた。さらに、コロナ禍以降は事業再構築補助金の計画策定支援を伸ばし、2023年3月期には年収入高約35億8500万円に拡大させていた。

 この間、事業拡大にともない本店事務所を大阪のビジネス中心地にある現所へ移転。多くの補助金申請があるなか、スタッフを増員するなどで対応してきたものの、当局による補助金審査の厳格化により案件の進行遅れが続出。人件費と家賃負担が先行することとなり、資金繰りが急速に悪化していた。こうしたなか、金融機関からの借入金導入などにより資金を補う一方、経費削減策などによる立て直しを図っていたものの、状況は好転しなかった。

 負債は2023年3月期末時点で約20億5300万円だが、変動している可能性がある。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報