倒産速報記事

株式会社暁建設

建築工事
事業停止、自己破産申請へ
TDB企業コード:167013257

暁建設 実質本店

「埼玉」 (株)暁建設(資本金3000万円、戸田市新曽423、代表菅原尭氏、従業員50名)は、3月29日に事業を停止し、事後処理を堂野達之弁護士(堂野法律事務所、東京都中央区銀座1-5-8、電話03-5524-7727)ほかに一任。自己破産申請の準備に入った。

 当社は、2011年(平成23年)1月創業、2014年(平成26年)8月に法人改組された建築工事業者。マンションやビルといった大型施設のコンクリート躯体工事(基礎工事、擁壁工事、外構工事等)を得意とし、当地後発の建築工事業者であったが、近年は積極的な営業姿勢で業容を拡大。都内に営業所を開設するほか、M&Aも行い体制も拡充し、2018年7月期に約6億7300万円であった年売上高は、2023年7月期は約53億1700万円まで伸ばしていた。

 しかし、急成長をとげていた一方で、業容の拡大に内部管理体制が追い付かず、金融機関からの借入金も増加して資金繰りが多忙となり、売り上げこそ伸びていたものの、財務面では大きな課題を抱えていた。近時は取引先に対する支払い遅延が常態化するなど対外信用が著しく悪化。不安定な状況が続くなか、金融機関をはじめ取引先の支援も限界に達し、ここへ来て事業の継続が困難となった。

 負債は2023年7月期末時点で約55億1800万円だが、大幅に変動している可能性がある。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報