倒産速報記事

株式会社トリプルアート

債権者1万5000名、中国市場向けのアニメショッピングサイト
破産手続き開始決定を受ける
TDB企業コード:352011206

負債5億円

※画像はイメージです

「東京」 (株)トリプルアート(資本金501万円、豊島区南池袋2-49-7、代表章俊氏)は、2月22日に東京地裁へ自己破産を申請し、27日に破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人には鐘ヶ江洋祐弁護士(長島・大野・常松法律事務所、千代田区丸の内2-7-2)が選任されている。

 当社は2014年(平成26年)1月に設立。中国の市場に向け日本のアニメ、コミック、ゲーム、ノベル商品などを扱う中国語のショッピングサイト「Masadora」や日本のポップカルチャーコンテンツを海外顧客に伝えるため、各種メディアを通じた情報発信や海外展示会を行う「MASA ART」を運営。2022年12月期には年売上高約40億3700万円を計上していた。

  しかし、2023年8月に前代表が経営から離れる事態となり、経営に混乱が生じ、その後の売り上げが低迷するなど業績が悪化。取引先への支払いが滞っていた。その後、事業譲渡を模索したものの不調に終わり、事業継続を断念した。

 負債は債権者約1万5000名に対し約5億円。債権者の多くは中国在住の個人ユーザーとなっている。

 当社の破産管財人ウェブサイトはこちら(https://www.masadora-trustee.com/)。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報