倒産速報記事

株式会社ランドーナージャパンなど2社

ホテル運営・管理
新型コロナウイルス関連倒産
事業停止、自己破産申請へ
TDB企業コード:400645338

負債48億円

「ザ・ホテル京都パレス」の外観

「愛知・京都」 (株)ランドーナージャパン(資本金1億円、名古屋市中区新栄2-1-9、代表長谷川雅機氏)と関係会社の(株)ランドーナージャパン京都マネジメント(TDB企業コード:032056221、資本金8000万円、京都市中京区油小路通丸太町下る大文字町50)は、5月31日に事業を停止し、事後処理を岩田香織弁護士(名古屋市東区白壁2-4-31、辻巻総合法律事務所、電話052-962-6996)に一任、自己破産申請の準備に入った。

 (株)ランドーナージャパンは、1989年(平成元年)1月設立。アメリカのベストウェスタンホテルインターナショナル社のライセンサーの1社として、高山市や長崎市などでホテルを運営し近時ピークとみられる2010年9月期には年収入高約28億200万円を計上していた。その後は、ホテルの運営を子会社に移し、当社はホテルを運営する子会社に対する不動産賃貸や子会社に対する経営指導・事務管理代行を行うほか、ホテル開発コンサルタント業務も行っていた。

 しかし、近年は新型コロナウイルス感染の拡大により宿泊客が激減、高山市、長崎市でホテルを運営していた子会社が事業を停止、先行きの見通しも立たないことから今回の措置となった。

 (株)ランドーナージャパン京都マネジメントは2020年(令和2年)10月設立。京都市内で「ザ・ホテル京都パレス」を運営していたが、コロナ禍でのオープンということもあって集客が低迷、ホテルの運営からの撤退を図ったが多額の違約金が生じるため、今回の措置となった。

 負債は、(株)ランドーナージャパンが子会社への連帯保証を含め約26億円、(株)ランドーナージャパン京都マネジメントが約22億円、2社合計で約48億円。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報