倒産速報記事

株式会社ApeX

レストラン「GLEAM」「ぷらっと」運営
新型コロナウイルス関連倒産
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:628053597

負債55億7300万円

「東京」 (株)ApeX(資本金5000万円、荒川区西日暮里2-53-2、登記面=大阪府大阪市旭区清水4-1-5、代表飛和也氏)は、3月23日に大阪地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は神原浩弁護士(大阪府大阪市北区中之島3-2-4、きっかわ法律事務所、電話06-6201-2970)。

 当社は、2019年(令和元年)8月に設立された飲食店運営業者。2019年12月に生チーズフォンデュ、自家製ローストビーフなどを主力メニューとするレストラン「GLEAM」高松店をオープン。2020年11月には天ぷら・チーズ・レモンサワーなどをメニューとする和洋食店の「ぷらっと」徳島店、翌12月には高松店をオープンしていた。

 その後も複数の店舗のオープンを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、通常通りの店舗運営が困難となっていた。昨年12月にアンドモワ(株)(TDB企業コード:582408272、東京都港区、3月31日自己破産を申請、負債約80億円)の代表飛和也氏が代表に就任したのち、今回の措置となった。

 負債は債権者約84名に対し約55億7300万円(保証債務を含む)。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報