倒産速報記事

社会福祉法人如水会

元・病院経営、老人ホーム経営
新型コロナウイルス関連倒産
民事再生法の適用を申請
TDB企業コード:450348298

負債65億円

「愛知」 社会福祉法人如水会(登記面:岐阜県揖斐郡大野町大野上城東742-14、理事長佐々木史郎氏)は、2月1日に岐阜地裁に民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は鈴木学弁護士ほか(東京都千代田区大手町1-1-2、西村あさひ法律事務所、電話:再生対策室0595-82-3210)。

 当法人は、2008年(平成20年)3月設立の病院などの経営業者。特別養護老人ホームを岐阜県大野町と三重県亀山市で運営するほか、2018年4月には愛知県豊田市に病床数200超の総合病院を開業。各施設周辺の高齢者や住民を対象に運営を行い、2020年3月期には年収入高約26億1400万円を計上していた。

 しかし、豊田市の病院が稼働後間もないことに加え、看護師などの人件費や、各施設の減価償却負担も重く、大幅な欠損計上を余儀なくされていた。また、施設開業に伴う設備資金の借入が年商の2倍程度に達し、金利負担も重く資金繰りを圧迫していた。

 その後も、新型コロナウイルスの感染拡大や看護師不足などもあり業績は伸び悩み、2021年11月には豊田市の病院の事業を同業者に譲渡。特別養護老人ホーム2拠点の運営での再建を図るべく、今回の措置となった。

 負債は約65億円の見込み。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報