倒産速報記事

株式会社KTPフーズ

豆腐・油揚製造
特別清算開始命令受ける
TDB企業コード:500143132

負債35億円

「京都」 (株)KTPフーズ(旧:(株)京都タンパク、資本金1000万円、京都市伏見区横大路千両松町200、代表清算人八陳康夫氏)は、11月10日に京都地裁より特別清算開始命令を受けた。

 当社は、1966年(昭和41年)9月に創業、75年(昭和50年)9月に法人改組した豆腐製造業者。関西・関東・東北地区を営業エリアに、豆腐(絹ごし・木綿・焼き豆腐など)のほか、油揚げ、湯葉、豆乳などの製造から販売までを一貫して手がけていた。自社設備のオートメーション化を進め、91年4月には米国ニュージャージー州に100%出資の現地法人を立ち上げ、同国で事業拡大に注力するなど積極的な営業展開を行っていた(同法人は2011年5月に現地企業に事業譲渡)。大手スーパーや食品流通業者、コンビニエンスストアのほか、同業者などにも販路を広げ、約120社の得意先を有することを強みに、ピークとなる2010年6月期には年売上高約62億6900万円を計上するなど、売上高規模では関西トップクラスにランクされていた。

 しかし、近年は同業者との価格競争激化で売り上げは漸減。50億円程度にまで年商規模が縮小し、大豆を中心とする原材料高から連続赤字に陥るなど資金繰りが悪化、債務超過となっていた。2017年以降は取引先への支払遅延を散発するなど資金繰りに窮し、同年以降はスポンサー企業の選定を進めていたなか、同業者からの支援を得て2019年7月1日に新:(株)京都タンパクへ事業を譲渡。当社は同年8月19日開催の株主総会の決議によりに解散していたところ、今回の措置となった。

 負債は推定35億円。

 なお、新会社である(株)京都タンパクは、現在も営業を継続している。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報