景気・経済動向記事

海外進出・取引に関する静岡県内企業の意識調査(2023年)

2023年、企業の29.2%が海外ビジネスを推進
〜 70.5%が効果を実感、「売上増」につながった企業も 〜

はじめに

世界経済に大打撃を与えた新型コロナウイルスの爆発的な感染が始まった2020年1月から3年半が経過した。当初は、国内外を問わず厳格な行動制限やロックダウンによる生産活動の停止、物流の寸断などサプライチェーンへの大きな影響が表れた。その後、欧米各国を中心に経済活動を再開したものの半導体不足をはじめ多方面で需要が供給に追いつかない状況となった。 日本国内においても自動車産業をはじめ電機、機械など幅広い産業で生産活動が滞る事態に陥った。また、穀物や資源価格の高騰に円安が加わり、今なお多方面で悪影響が続いている。
このため、供給網の安定化などを目的に製造や部品調達などを国内へ回帰する動きもみられるなど、改めて海外ビジネスを進めるにあたって課題が浮き彫りになってきている。
そこで、帝国データバンクは、海外進出・取引に関する企業の見解について調査した。本調査は、TDB景気動向調査2023年6月調査とともに行い、全国調査分から静岡県内企業を抽出して分析した。

■調査期間は2023年6月19日〜30日、調査対象は静岡県内企業771社で、有効回答企業数は318社(回答率41.2%)
■本調査における詳細データは景気動向オンライン(https://www.tdb-di.com)に掲載している

調査結果

  1. 1 直接・間接のいずれかの形で海外進出または海外と取り引きを行っている企業は29.2%
  2. 2 海外進出への課題として、「外国為替レートの変動」が43.4%で最も高かった(複数回答)
  3. 3 期待する支援サービス、「リスクマネジメント」が33.0%でトップ(複数回答)

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 静岡支店
TEL:054-254-8301 FAX:054-254-6602

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向