業界情報記事

特別企画 : 2015年 焼酎メーカー売上高ランキング

上位50社の売上高合計、2年連続前年割れ
〜 宮崎県初のトップ、霧島酒造がけん引 〜

はじめに

酒類消費量は、人口減少や高齢化の進展、若者のアルコール離れ、飲酒運転に対する罰則強化などの影響で、1996年度の965万7200キロリットルをピークに減少傾向で推移している。国税庁によると、2014年度の国内酒類消費量は前年度比3.0%減の833万1433キロリットルと3年ぶりに前年度を下回り、ピークの1996年度比で13.7%減少した。焼酎も同5.3%減の86万2500キロリットルと2年ぶりに前年度を下回り、ピークの2007年度(100万4700キロリットル)比では14.2%減となった。その一方、ワインやウィスキーの消費量は6年連続で前年度を上回るなど消費者の嗜好が多様化。過去数度の焼酎ブームで酒類消費市場の1割を占めるまでになった焼酎も伸び悩みを余儀なくされている。

この調査は、帝国データバンクの企業情報データベース「COSMOS2」(146万社収録)から焼酎製造を主業とする焼酎メーカーで、売上高に占める焼酎比率が50%を超える全国の企業を対象にまとめた。2015年8月に続いて13回目の調査となる。

調査結果

  1. 1 2015年(1月期〜12月期)のランキング上位50社の売上高合計は、前年比1.7%減の2804億1600万円と、2年連続で前年を下回った
  2. 2 売上高トップは4年連続で霧島酒造(株)。2位は前年と同じく三和酒類(株)、3位は雲海酒造(株)で、前年の4位から順位を上げた
  3. 3 増収企業は前年比4社減の13社で、2011年の11社に次ぐ低い水準。一方、減収企業は同4社増の33社、横ばいは前年と同じ4社だった
  4. 4 県別売上高は、宮崎県が前年比1.3%増の857億4100万円で初めてトップになった。前年まで首位の鹿児島県は同6.5%減の824億5400万円で2位に後退。3位は前年と同じく大分県で、同1.2%減の687億3200万円だった

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 福岡支店
TEL:092-738-7779 FAX:092-738-8687

食品業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向