景気・経済動向記事

全国企業「交際費支出」動向調査(2022年度)

社員の交際費、月平均1万8千円
〜 全国トップは「大阪府」 関西企業で月2万円超え目立つ 〜

はじめに

取引先や仕入先などへのもてなしや接待などで経費扱いが認められる「交際費特例」について、1人あたり飲食代の金額基準が5000円から1万円に引き上げられる方針が明らかとなった。現行制度に比べて飲食代の「非課税枠」は倍増し、取引先との飲食・贈答といった企業交流の増加や活性化による、売上高拡大への効果などが期待できる。
一方で、近時はリモートワークの普及に加え、対面営業を必要としない場面も増え、交際費の増減が営業収益に直結しない企業もある。相次ぐ物価高や価格転嫁難などで収益の確保が見通しづらいなか、大企業や業績の伸び悩む企業では「経費扱い」での飲食奨励に慎重姿勢を崩さないケースも考えられ、今後の動向が注目される。

■各年度(4-3月期)における接待交際費、および期末時点の従業員数が判明した企業を対象に、月間・1人当たりの「交際費」金額について推計を行った。なお、「金融機関」「公的機関」は集計の対象外とした
■各社の接待交際費については、帝国データバンクが保有する企業情報に基づく。対象は各年約15〜20万社・従業員500〜600万人分。平均値は上下5%、計10%分のトリム平均を用いた

調査結果

  1. 1 社員1人あたりの交際費、月平均「1万8192円」 最多は1人「5千円未満/月」
  2. 2 支出最多は「不動産業」 地域では関西以西の企業で支出が多い傾向目立つ
  3. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク  情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向