景気・経済動向記事

電子帳簿保存法に対する企業の対応状況アンケート

「電帳法」への対応完了、3割に届かず
〜「懸念・課題あり」が95.6%、業務負担の増加がトップ 〜

はじめに

2023年10月にスタートしたインボイス制度(適格請求書等保存方式)に続き、2024年1月から本格的に運用が始まる改正電子帳簿保存法(電帳法)。
電帳法では、原則として電子取引を行っているすべての企業や個人事業主に対し、2024年1月からは、メールやクラウドといった電子的な方法で受領した請求書や領収書などについて、電子データによる保存が義務付けられる。またこれまで紙の保存が原則であったクレジットカードなどキャッシュレスで支払った場合や電気料金の請求などについても、電子データでの保存が認められるようになるなど、利便性の向上が期待される。
そこで帝国データバンクは、対応の義務化が目前に迫るタイミングで、電帳法への対応状況および懸念事項や課題について企業へアンケートを行った。

■アンケート期間は2023年12月8日〜12日、有効回答企業数は1,023社(インターネット調査)

調査結果

  1. 1 電帳法への対応が完了した企業は3割弱。企業規模が小さいほど対応に遅れ
  2. 2 企業の95.6%が電帳法への対応に「懸念・課題あり」
  3. 3 懸念・課題事項の内容は、「業務負担の増加」が7割でトップ。次いで「社内での理解・連携不足」が続く
  4. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向