景気・経済動向記事

スタートアップ企業の成長性分析(2023年)

スタートアップ企業の成長性
特にモビリティやFinTech分野で期待高く
〜 東京23区内では東京大学がある「文京区」で成長性高い 〜

はじめに

近年、スタートアップ企業への注目度が増している。2022年は岸田首相の「スタートアップ創出元年」宣言に始まり、同年末には5カ年計画も取りまとめられた。2023年に入ってからもその支援策は相次いで発表されるなど、スタートアップ振興は国策として注力されている。
そこで、帝国データバンクが有する信用調査報告書(CCR)をベースに、スタートアップ企業における今後の成長性を分析した。その結果、分析が可能な約24万社と比較して、スタートアップ企業では高い成長性が数値として現れる結果となった。特に、成長性のレベルを10段階に分けたなかで最も成長発生率の高い指標である「レベル10」では、約24万社全体が6.87%であるのに対して、スタートアップ企業は62.35%と高水準になり、大きな差が表れる結果となった。

調査結果

  1. 1 「モビリティ」分野で高い成長性、次いで「FinTech」「HR」「AI」などテック系も高水準
  2. 2 資金調達の「実績あり」企業、「実績なし」と比較してレベル10の割合は高い
  3. 3 東京23区内で最もレベル10企業があるのは「文京区」 「渋谷区」や「港区」も僅差で高水準
  4. 詳細はPDFをご確認ください 動画で解説!
    TDBトレンドウォッチはこちら

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向