景気・経済動向記事

インボイス制度に対する企業の対応状況アンケ―ト

企業の65.1%が順調に対応も、「懸念」ありが9割
〜 懸念事項、「業務負担の増加」が71.5%でトップ 〜

はじめに

インボイス制度(適格請求書等保存方式)が10月1日にスタートした。
制度の導入にあたって、消費税の仕入税額控除に必要な適格請求書を交付するためには、適格請求書発行事業者の登録を行い課税事業者になる必要がある。そこで問題となったのが、これまで消費税の申告・納付が免除されていた経営規模が小さい事業者やフリーランスなどの免税事業者の動向である。インボイスを発行できない事業者との取り引きは最終的に税負担が増すため、事業者登録を要請されることもあった。また、課税事業者の経理事務も負担が大幅に増すことが予想され、インボイスへの対応にともなう企業の混乱が一部で報じられてきた。
そこで帝国データバンクは、制度スタートから間もないタイミングで、インボイス制度への対応状況および懸念事項について企業へアンケートを行った。

■アンケート期間は2023年10月6日〜11日、有効回答企業数は1,494社(インターネット調査)

調査結果

  1. 1 インボイス制度に、「順調に対応できている」企業は3社に2社(65.1%)。他方、「対応がやや遅れている」は3割
  2. 2 制度の導入によって、現在または今後に「懸念事項あり」の企業は9割にのぼる
  3. 3 懸念事項は、「業務負担の増加」が7割でトップ。 次いで「社内での理解・連携不足」と「仕入先への対応」が続く
  4. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向